世界のトップカジノ拠点をご紹介

世界中のカジノへの関心は年々高まっていますが、特に輝きを放つ場所もいくつか存在します。その中には、世界のトップ2を競うカジノの拠点、ラスベガスとマカオも含まれています。ラスベガスは昔から世界最大のギャンブルの場であり、マカオはまだ20年の歴史しかありません。両方の場所は、世界中に何百万人ものギャンブラーを生み出してきたカジノの中心地です。どちらも国の最高の都市計画者によって街がデザインされ、最高の建築家により建物が建てられています。この2つの都市に匹敵する場所は、地球上にほとんどないでしょう。下記に、世界のトップカジノ拠点のリストをご紹介します。

第1位は、何十年もその地位を維持しているラスベガスです。「ベラージオ」、「シーザーズ・パレス」、「MGMグランド」などのカジノがあり、そのどれもが世界的に有名です。世界で最もリッチなカジノである「ラスベガス・サンズ」の本拠地は「シン・シティ」という愛称で親しまれています。

第2位は、上記でも述べた中国のマカオです。マカオは世界のギャンブルの中心地として知られており、中国で唯一ギャンブルができる都市でもあります。ラスベガスよりもはるかに大きな都市ですが、ラスベガスよりは若干大人しく、訪問者も多くはありません。この地は、地球上のどの場所よりも多くのお金をギャンブルから得ています。33のカジノが存在し、そのうち最も多いのはマカオ半島、残りはタイパ島に点在しています。マカオの有名なカジノは、「シティ・オブ・ドリームス」、「サンズ・マカオ」、「MGMグランド・マカオ」です。

世界で3番目に大きなカジノ拠点は、モンテカルロです。多くのジェームズ・ボンド映画が撮影されたことで有名なモンテカルロの人気の始まりは19世紀にまで遡ります。現在では、ヨーロッパや世界で最も象徴的なカジノの拠点となっています。モンテカルロのカジノには、「カジノ・カフェ・ド・パリ」、「モンテカルロ・ベイ・カジノ」、「カジノ・ド・モンテカルロ」などがあります。カジノ・ド・モンテカルロは、ジェームズ・ボンドの映画にも登場しています。ヨーロッパの他のどの都市も対抗できないことから、モンテカルロは同地域のギャンブルの中心地であることは間違いありません。

最後の4位はロンドンです。ロンドンは、カジノが盛んな街というイメージはあまりありませんが、砂漠のオアシスのように、カジノは確実に存在しています。この世界都市ロンドンは、20以上のカジノ施設の拠点となっています。ロンドンで最も人気のあるカジノの一つは、「エンパイア・カジノ・リゾート」。ラスベガススタイルのこのカジノはレスター・スクエアにあり、1日中営業しています。また、パディントンにある「ザ・ビクトリア・カジノ」は、その名前が物語るように、洗練された雰囲気とワクワク感が完璧に融合したカジノとして知られています。「ローラズ・アンダーグラウンド・カジノ」は、3つのゲーミングフロア、ステーキハウス、7つのバーを備えており、こちらもお勧めです。もしあなたが休暇中のギャンブラーであれば、ロンドンはあなたにぴったりのスポットです。ロンドンへの旅行は、家族にとっても興味深く、楽しい思い出になること間違いありません。